さぁ、行こう!この道の先へ

 

アイドルマスターSideM 3rdライブツアーおつかれさまでした!

29日の静岡公演にて全7公演終了。キャスト勢はひとりの欠席もなく終えられてよかった!忙しい中、スタッフさん含め本当におつかれさまでした。

 

ということで個人的に振り返り。

全7公演中、仙台2日目以外は現地orライビュで参加することができました。

全公演、セトリも演出も変えて、毎回驚きと新しい発見があって、いろんな可能性を見出すことが出来きました。ツイッターでも書いたけど、(出演者が違うのはもちろんあるけど)MCによってこんなに違うのかというくらい全部ちがって全部よかった!本当にいいライブツアーだったなと思います。アイドルを好きになり、曲をすきになり、演者をすきになり、たくさんの好きという感情をもらいました。ありがとうSideM~~~!

唯一見れなかった公演で自担であるタケルくんがソロを歌ったということだけが悔やまれる…。でも行けなかった(行かなかった)後悔はしてないのがまだ救いですね…。

 

初日の幕張は現地で見ることができたのですが、ほぼ3か月前か。そりゃもう覚えてないわ、自分のメモ読んで「そんなのあったけ?!!」ってなるくらいだからね…というか衝撃的すぎて毎秒毎に記憶塗り替えてた感覚。

ツアーの期間中まぁいろいろいろいろあって。仕事もそうだし別ジャンルだったり三次元のアイドルだったり。結構泣くことも多かったのですが、ライブの度に救われました。特に福岡!席はよくなかったけど現地行って本当によかったと思えるくらい色々忘れて楽しめた!見たかったものが予想と期待を超えてきて、ファン冥利に尽きました。

 

SideMのライブのすきなところって「ファンが見ているアイドルを見られる」ところが個人的には大きくて。(他のアイドルものをほとんど履修してないので他ジャンルとの比較とかではないです)普段ゲームのイベストや雑誌で見られるところってほとんどが対Pだと思うんですけど、わたしが見たいのは「アイドルがアイドルとして見せてくれるもの」なんですよね。もちろんそういう趣旨のゲームなんでそうなんですけど、実際そういうスタンスで長いことジャニオタやってきた人間なので、正直いまだにアイドルとの距離がつかめてない感じはあります。どうしてもアイドルとは単純に純粋に「ファン」でいたいんですよね。そんな中でPってなんだろうって考えることも多いのですが、一番近いのは「応援したい」かなぁ…って話が逸れました。

もちろんステージ上で歌って踊っているのはアイドルではなく声を担当している方なのはわかってます。でもそれぞれがそれぞれのアプローチの仕方で表現してくれていておもしろいなぁと思うし、本当に有難いに尽きる。2次元のアイドルに寄せていくではなく、3次元の自分に落とし込んでいる印象が強いです。アイドルと演者の距離感がすきだな~~~ってツアー通して改めて思いました。

 

あと今回のツアーでちばしょがすごくすきになりました(唐突)。仙台1日目いろいろやばかったけど、隼人ソロが個人的にはとても印象に残ってます。にゃん様弾き語りの旬ソロも殴られた感すごかったけど、ギター弾きながらというある意味ど直球な?正攻法であれはすごい…。隼人くんわりと甘めの声じゃんって割と最近認識したんですけど、あの声でギター弾きながら一人でソロを歌いあげる隼人くん、死ぬほどかっこよくて、気付いてないだけでぜったいモテるじゃん…って泣いてました。未だにぷれしゃすとーん聞いたら泣く始末。

 

昨日の公演前は、楽しみももちろんあるけど終わってしまう~という寂しさも多少あって。でも最後の挨拶でヨシキも言ってた通り「終わらなければ次は始まらない」ので。ツアーのソロ曲の最後をオリピの始まりだったてんてるで締めたことによってまた新たに始まる予感とか、発表されてるワートレ曲を披露することでこれからまだ続いていくよって言ってくれてるような、そんなファイナルだったなと。

セカライの時も思ったけど、その時にできる曲はすべてやります!!!って気合でセットリスト組んでくれるSideMの姿勢がすごくすきだし感謝しかないです。が!ひとつワガママを言うなら、ジェネコン聞きたかったーーー!!!


 

次もきっとあると思うんだけど、その時になにを見られるか。楽しみに待ちたいと思います。

誰かに向けて書いてんのかもよくわからないけど!参加された皆様、お疲れさまでした!

0406コスメ購入品

 

去年有り余ってたコスメ欲もある程度買い揃えたからか、今年はそこまで買ってません。見はするけど買うまでには至らないというか。

ただ夏に向けてベースメイク変えようと思って久しぶりにコスメにお金を使ったのでブログ書いてみる。たまり続ける下書きたちは知りません。

 

冬でもTゾーンと頬の高い位置がテカりやすいくらいには脂性肌なので、夏はもっと悲惨です。さらに救えないのが肌がきれいじゃないというところですね…。ファンデどろどろの色ムラと毛穴がひどいなんて汚すぎて耐えられないので基本的にはセミマット~マットが好みです。マットめならまだごまかせる(と思ってる)。

技術が足りてないのもあるけど崩れやすいのでなるべく重ねたくないし、朝時間がないのでとにかく工数減らして時短したい、というもと勝ってきたのが

エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク 35g」と「タイムシークレット ミネラルレアファンデーション SPF50+ PA++++ (ライトオークル)」です。

 

おしろいミルクはツイッターで話題になってて気になったので買ってみた。化粧水のあとにそのままつけられる朝用乳液!スキンケア減らせるし日焼け止め別で塗らなくていいしべたつかない毛穴目立たなくなるってまさに私が求めていたもの~!という感じで使うの楽しみ!もともと日焼け止めどうしようかな~から始まったベースメイクシフトチェンジだったなかで買ったやつなので期待値ばかりが上がってしまう…。好き嫌いあるって見た香りは、私はすき(^o^)

そしてタイムシークレット!去年はプレストのパウダー愛用してて、今年はファンデに挑戦。そして初クッションファンデ~!頑なに使ってこなかったクッションをようやく使うことにした。クッション=ツヤ肌ってイメージがあって、先述したようにツヤ肌を求めてないのでスルーしてきたのですがね…。なんかどうしても気になって買ってしまいました。

 

 

1回使ってみての感想

おしろいミルク

  • 思ったより伸びる。が、日焼け止め効果をちゃんと発揮させるには記載のパール2個分使わないと考えるとちょっと多いのでヨレやすくなっちゃう気がする
  • 毛穴が目立たないというのはあまり感じなかったかな
  • タイムシークレットのクッションとは相性悪くない。けどはやくマットのファンデと組み合わせて使いたい!テカリにくさ検証したい!

タイムシークレット

  • たしかに肌へのフィット感すごいし、ほとんどヨレなかったと思う。「ヨレない」は求めてなくて、「汚くヨレない」に重点を置いているのでそこはばっちりだった。
  • ツヤすぎない、ほどよいツヤ感でわたしでも使えるくらい。
  • 私の肌色にめちゃめちゃ馴染んだ。ここまで色あってるのってほとんど出会ったことない。気抜いたら真夏は白浮きしそうなので紫外線対策がんばる。
  • くすみやすいんだけどこれは茶くすみしない!
  • これひとつでベース仕上げられるのありがたい…。本当に時間ない日はこれに頼る

 

どっちもわりとよかった気がする!もう少し継続して、あともっと暑くなった時どうか。

 

 

ベースメイクでいうと、1ヶ月前にYSLでもプライマーとファンデ買ったばっかりなんですよね…。使用感めちゃめちゃすきなので、今くらいの気温の時と時間あるときはYSL使いたいと思ってる、というのが本音ではある

そんなことってある?

 

あぁ…。嗚呼、無情。

「そんなことある?」働き始めてからの口癖なんですけど、今年は1/2が今年のMAXくらいの衝撃があったけどそれを超える「そんなことある?」でしたね…。2018年3月5日。

 

ドリフェスが終わってしまう…。ほんの1月前に本当の意味でようやく出会えたコンテンツが一区切りというひとつの終わりを迎えることが発表されました。まじか…。出会ってはいた、ただ気付くのが遅すぎた。どう考えても遅い。なにをしてたんだ私は。終わってほしくない、そんなことを言える権利くらい頂戴よ…。言う権利すら与えられないほどに、私はなにも出来てない。

今日の昼に、ツイッターで突然流れてきたDCDとアプリ終了のお知らせ。そっからの今日の特別配信のお知らせ。悪い方に考えるに決まってるじゃん。ポジティブに考えろってほうが無理案件。昼休みに泣かなかったことを褒めてほしいくらいだけど、泣けるほどの実感がなかったというのは本人たちの口から聞いてようやくわかったってかんじかな。

配信始まって早々、「2次元展開の終了に伴い、3次元もひとつの区切りをつけることになりました」というそーまさんの発表。こんなさらっと発表するのか、というのが正直な感想でしたね。そっから過去を振り返るようなトークが始まり。こっちは泣いて聞くしかないじゃん。待って待ってという気持ちなんて置いてきぼりで。でも株元さんの言うことが逐一的を得ているというか、うれしいというか、大事にしてくれてることは伝わってきてしまって。悔しい!!!素直に認めるけど悔しい!!!!!!!!!!とにかく悔しい!!!!!!!!!!!!!!

 

壮馬の言うことは\ぜったい!/

言ったからには、言葉にしたからには、周りに迷惑はかけたかもしれないけどちゃんと叶えてくれるセンター様、ほんとにほんとにありがとう。ほんとにほんとにすき。明日という武道館に連れて行ってくれてありがとう。感謝してもしきれないけど、それまでに出来る限りのことはしたい。なにが出来るのかもわからないけど。

 

ちゃんと噛み砕いて消化するのにどれくらいかかるだろう…わたしの明日はどっちだ

質のいい買い物で浪費はなくなる(はず理論)

 

今年初めて買ったリップはSHISEIDO ルージュルージュRD716 RedQueenでした。

買ってすぐ書くつもりだったのに気付けば2月も終わってて、さらに気付けばこれを含めすでに3本リップ買っていた。今年は控えるはずなのに…。

おしゃれな写真は撮れないので載せないけど、本当にきれいな色なんですよ。元々ルージュルージュ1本ほしいなぁと思ってて、ずっと探してる廃番になってしまったリップに似た色ないかとカウンターで色見てたら、お姉さんに声をかけられ勧められるがままに買いました。結論からいうとそこまで似てる色ではない。が、普段使いしやすく、肌をキレイに見せてくれる色なので大満足です。

去年は結構リップ買ったけど、これ!というものに出会えなかった1年でした。それが年明け早々に買ってよかった!!!と思えるものに出会えてうれしい。

 

いいモノを適正な価格で買うと、その先の買い方にいい影響を及ぼすなあと思って。単純に買い物に対するひとつの基準になってくれて、良くも悪くもハードルを上げてくれる。金額に対する満足度ってある程度比例すると思うので、一度こういう体験をしておくといいかも。書き出したのが1ヶ月以上前なのでいまいちなにが書きたかったのか自分でも思い出せない…多分もっとなんかあったんだろうな。仕方あるまい。

常に満足度の高い買い物がしたい。「したい」ではなく「する」で、今年のひとつの目標にしようと思う。

誰がなにを言おうとわたしはたのしかった

3月になってしまった。日に日にあたたかくなることへの不安がすごい。嫌いだと言い切れるものってほとんどけど、はっきり言えるひとつは「春が嫌い」

 

2月はいろいろ、いっろいろあったけど、安易に総括するなら「楽しかった」これに尽きる。そこまで予定を詰め込むというか、休みの日に人と関わることがほとんどない生活をここ数年は送ってきたけど、どういうわけか2018年2月は違った。そういう意味での休みが1日もなかった。おかしい。なぜだ。って答えはないのだけど、備忘録で残す。平日は休むことなく働きました。

 

2月3日 SideM 3rdLIVE TOUR 初日幕張(現地) 東京にてホテル泊

2月4日 飛行機にて昼過ぎに帰宅。掃除洗濯をし再び出かける。

    SideM 3rdLIVE TOUR 幕張2日目LV

2月10日 会社の先輩とカラオケからの飲み。終電にて帰宅。

2月11日 掃除洗濯をし、昼前にバスにて名古屋へ向かう。

     ユメノコドウ 愛知公演。近鉄特急最終にて帰宅。

2月12日 ジャニオタの友だちと久しぶりに遊ぶ。

     その場のノリでチケットを取り、約2年ぶりにジュニアのライブに行くことにする。

2月17日 仕事行ってからこのタイミングしかないと思い立って髪の毛を染め直す。掃除洗濯。

2月18日 早朝から近鉄特急にて名古屋へ向かう。フブラジ公録両部。夜は同期と飲む。近鉄特急終電にて帰宅。

2月24日 ジャニーズJr.祭@城ホ。終演後一度帰宅し、荷物をまとめてSideM 3rdLIVE TOUR 仙台1日目LV。終演後ドーナツを食べ、その足で夜行バスに乗る。いざ行かんTOKYO!

2月25日 早朝新宿着、サウナ店へ向かう。少年ハリウッド26話上映会@六本木。横浜に移動、ユメノコドウファイナル。夜行バスにて帰宅。

 

改めて書き出すと自分でもびびる。26日の週は珍しく心身ともに疲労困憊という感じ。火曜日から早く1週間終わって…って思うくらい1週間が死ぬほど長く感じた。疲れを感じるのも久しぶりだったな。そこらへんにぶいので…。自分でもよくやるなって思うので、にぶくなけりゃ多分この生活やってらんない(笑)

 

これらに関して正直お金はめちゃくちゃ使ったけど、それ以外で使うこともなかった(使う時間がなかった)から案外トントンだったりするかもしれない。そもそも使ったお金以上のものを得られたと思うのでオールオッケーって感じです。おたく万歳。

 

冷静に考えても、さいどえむ初日に始まり、ド!ファイナルで〆る1ヶ月って激アツすぎない?すごくない?死ぬまで忘れないくらいのメモリアルだと思うわ…ってことでありがとう2018年2月。2032ならぬ1802。

ありがとうドリフェス!

一晩明けた今日のほうが泣いてるって何事ってかんじで、午前中休みとってよかったなと。腫れるくらい泣いたのなんていつぶりだ…。思い出せないくらい久しぶりなんですけど、とにかく本当にほんとうによかった。

なんでこんなに涙が出てくるのか、理由は自分でもよくわからないんだけど、感情を持て余すと泣くしかないんだろうなと。感情を揺さぶられるってこういうことなのかな、なんて。

とりあえず今思うことは「Dear Dreamに気付ける人生でよかった!!!」本気でそう思う。リアドリはずっと追いかけて見てきたわけじゃない、言ってしまえばほんの1か月だけ。それでも彼らが真摯にやっていることはわかったと思っているし、笑顔でステージに立っているのを見られてただただ幸せだと思う。

なんかね、そうまさんの表情がすごく魅了的でよくて、きのうは結構目を奪われてました。2次元といえばいいのか、アイドルとしては純哉くんがすごくすきで、キャストさんは無知もいいとこなのでペンライトは基本黄色にしときながら、目ではずっと追ってた気がする。最後捌けるときの、満足げというか誇らしげというかうれしそうなあの表情が忘れられなくてしばらくは思い出して泣くだろうな。あの表情、単純にすごくすきだと思ったし、また見たいと思ってしまった。

こういう、「2次元のものを3次元でやる」もの(すこし語弊があるかも)で、長年抱き続けた疑問・違和感を昇華してくれて、これだ!と思えるコンテンツに出会えました。(これはちゃめちゃに長くなるのわかるから今日は割愛)

純哉くんはアプリで、奏くんはツイッターで、それぞれ「アイドルになってよかった!」と、そう言ってくれたことがなによりうれしい。

久しぶりの感覚も、初めての気持ちも、いろいろあった1ヶ月。

1stライブツアーおつかれさまでした。ありがとう、ドリフェス

最高超えてた

 

2018.1.20

Dear Dream 1st LIVE TOUR「ユメノコドウ」@Zepp Osaka Bayside

 

2018年イベント初め!本当に行ってよかった!いいスタート切れた!ディアドリちゃん、クロフネありがとう!帰り道で愛知公演のチケット取ったくらい楽しかった!

 

 

ってことでライブ行って参りました~。去年のライブは行きたかったけど、他のイベントが被って諦めたので、念願の初のライブでした。仕事で開演には間に合わなかったけど、REAL DREAMの2番くらいからは聞けたのでまあほぼほぼは見れたかな。

全編通して「見てて楽し」くて、元気というかがんばるパワーというかモチベーションというか、わたしもがんばろうと思わせてくれる良きイベントでした。とにかくいろいろすごかった。ぶっちゃけ舐めてた。ほんとすみませんでした!!!(土下座)想像の倍くらい踊ってくれてうれしい誤算。想像の倍というのは量もだけど、振付のレベルとクオリティが!アンコールまできっちり踊ってくれるんだよ?!!すごいわ。

公式が5次元と謳ってくれて、演者5人がランティスからデビューしてくれてることへの安心感があって余計な憂いなく見れてよかった。(声優がライブイベントをすることへの懐疑がどうしてもあるのだけど、この話はまた別で書く)雨宮奏役の石原壮馬ではないところがなんかもうよかった、いまとなっては大袈裟ではなく泣きそう案件。

あとね、もうね~~~とにもかくにもみんなかわいくって!!!そして顔が良い!!!!!(笑) 全員映像で見るよりかっこよかった。ので、個人的に思ったことをひとり一人まとめておく。(敬称略)

 

石原壮馬

なんだろう、生で見たときのあの感じ。わたしのすきな「環境によってアイドルになるタイプ」だとは思うんだけど。圧倒的にセンターだよね、まじで。自分の容姿に頓着なさそうなところも推せる。骨格からキレイだし、なにより目かな。至近距離で見つめられたら惚れると思う…(笑)顔の美しさと身体つきの男っぽさのバランスが最高…喋ったらかわいいし声もちょっとハスキーだし人懐っこさがあるし、本当に魅力的な、まさにタレントさんでした。

 

溝口琢矢

一番イメージと近かったというか想像通り!くらいの勢いで印象変わらない。まともで常識人に見えるけどそうじゃない人、みたいな(褒めてる)。個人的には見た目通りのお方でした。あとダンス!キレッキレでしたね!

 

富田健太郎

5人で誰が一番すきなの?と聞かれたら応える方です。(推しといえるほどではない)どうしてもすきだったアイドルを思い出してしまうので、こういう?そういう?人がすきみたい。明るいキャラだけど光属性ではなくて、3枚目キャラだけど締めるところはちゃんと締めて、狙ってもちょっとすべって、ダンスもなんとなく雰囲気が似てる。なんてのはどうでもよくて!なんだろう、好みって理屈じゃないね、と放り投げる。愛知の感想までの課題にする。あと初っ端のキャンディブロックの衣装、スタンダードを純哉くんに着せてくれてありがとうーーー!という気持ち。

 

太田将熙

個人的に声の演技が一番上手いなあと思ってたんだけど、歌もダンスも上手かった!一番正当派な色気を感じた。すごく真面目そうでリアリストっぽい印象を受けた、が具体的なエピソードはない。キャンディブロックの衣装、最初に見た時(たぶんアプリのタイトル画面)えっちだなぁと思ったてたら実物を見てもそう思いましたね。ノースリーブにあの肘よりも長いグローブ(?)って意味わからなくていやらしい~と。しかも着てるのが片桐いつきってもう狙ってるじゃん!!!?っていうわたしもキャラ解釈もあいまって。わたしには手におえないナンバーワンです(?)

 

正木郁

いや~~~かわいい!ファンサの鬼!笑顔がかわいい男の子最高!!!ってなりました。いやはやかわいい。これに尽きるんだけど、郁くんがちづだと思ったら恐ろしくなった。ダンスの時に上着捲って腹筋見せてくるの、ちゃんと色気もあるけどその後の照れたようなドヤ顔のような微妙な表情がなんとも言えず、石原さんとは違ってアンバランス感がくせになる。(表現がへたくそすぎる)

 

 

いつか読み返したら面白そうだな。

 

帰りにチケット追加したのは「この人たちの今を見たい」とひっさしぶりに思ったから。ライブとか舞台とかって毎回全部違うわけで、その時その瞬間に見せてくれるものや見れるものをなるべく見たいって思わされてしまったんだよな~~~。悔いのないよう後悔のないよう、見れる限りは見ようと思いました。あとは、やっぱり「歌って踊る」のを見るのがすきなんだなぁと再確認。元々がジャニオタで、自担は総じて踊れる子だったので余計に。声優おたくだけをしてたら見られないものだし、久しぶりにそれを見たらとても魅力的に映ったのも大きいかった。

 

1期のアニメでドリフェス!やDearDreamを知ったんだけど、アニメ途中で切らなくて本当によかった、当時の自分GJやで。正直アニメでの演技が聞くのが最初の頃しんどくって。がんばってるのはわかるんだけど技術が…ってかんじで切る手前までいったな~。そんな中で見続けられたのは楽曲のおかげだと思ってる。曲調の幅が広くて聞いてて飽きない。歌詞よりも曲で聞くタイプなのでメロディラインがツボにはまるのが多くて。1期OP作曲の山口朗彦さんが前からすきで、テロップで「あ!山口さんだった!そりゃすきだわ!」となったのも懐かしい。そっから曲漁っでずぶずぶだし、アニメもストーリー悪くないし、声にも慣れて、最終回迎えて終わるのが寂しかったくらいだったけど、最後の最後に続編発表されてうれしくなって。

 

愛知楽しみだな~~~。ちゃんと頭から見られるし(遅刻しない限り)(フラグではない)、ディアドリちゃん5人だけのステージでなにを見せてくれるのか。期待しかない。来てほしいけど来てほしくない、そんな2/11。

 

あまりのまとまってなさだけど、タイムリミットなので上げる。Reason!!週末に間に合うかな。